So-net無料ブログ作成

対照的な東京の西の果ての2つの終端駅(青梅線、五日市線) [ローカル線]

東京都の終端駅の代表と言えば間違いなく青梅線の「奥多摩駅」でしょう。
約2年半年前の夏、この奥多摩駅と並行している武蔵五日市駅という2つの終端駅に久しぶりにいってきました。
8月の暑い日でしたが、青梅駅で乗り換えて山の方に行くと体感気温がぐっと下がってきます。途中の景色も暑さを忘れさせてくれる緑の木々に囲まれて「本当に東京都?」と乗車している方も皆さん思ってらっしゃるでしょう。
青梅線01.jpg
そして奥多摩駅に到着。下車して駅を見ると、これは本当に鉄道ファンもグッとくる風情が満載です。この山間の風情に溶け込む佇まいを見せた駅にうっとりしていると、ちょっと気になる光景が、、、。
奥多摩駅01.jpg
写真の右側のやや下に青梅線の電車が写っているのですが、これはモロに中央線快速電車の車両です。東京駅から青梅駅まで直通で来ている電車もあり車両運用上致し方ないのですが、折角ならばもうちょっとレトロな電車を走らせて欲しかった、と思うのは私だけでしょうか。何かちょっと現実感がでてきて「やはり東京都の駅なのか」と思ってしまいました。
拝島駅まで戻り、そこから武蔵五日市駅まで行きましたが、奥多摩にたどり着くよりもあっという間に着いてしまった気分です。
武蔵五日市の駅は駅名表示板こそレトロにしつらえていましたが、奥多摩駅とは対照的な近代的な近郊駅の雰囲気でした。
武蔵五日市駅01.jpg
武蔵五日市駅02.jpg
駅周辺も比較的都市化されているようにも思え、奥多摩駅とは全く対照的な表情を見せていました。
五日市線には鉄道ファンが気になる場所があります。昔武蔵五日市駅の手前で分岐して武蔵岩井という駅に行く線路があり、この廃線跡が人気の一つとなっています。(今回は時間があまり無かったのでそこには行く事ができませんでした。)
奥多摩駅でアンバランスだった中央線の車両も、この武蔵五日市駅ではピッタリ似合っているようにも思えますね、、、。

タグ:終端駅
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。