So-net無料ブログ作成
検索選択

隠れた名曲紹介-ラフマニノフの「もの哀しく」「酔いしれた」交響曲 [クラシック音楽(オーケストラ)]

「隠れた名曲」シリーズですが、これからは「大交響曲」とは言え一つの楽章が素晴らしいものについても紹介していこうと思います。何も全曲通して聞かなくても十分魅力を味わえる曲がいくつもあります。
今回は名旋律の宝庫と呼ばれる「ラフマニノフ」です。
ピアノ協奏曲第2番があまりにも有名ですが、今回は交響曲第2番の第3楽章にスポットを当ててみました。この交響曲は全曲で1時間近くかかる大曲で、第3楽章は一般的に交響曲の楽章のカテゴリーで言うと「緩徐楽章」と呼ばれる静かで落ち着いた部分となります。
譜面ラフマニノフ交2-表.jpg
第3楽章の冒頭は弦楽器の艶やかなメロディで始まります。このテーマが第3楽章全体を通して根底に流れています。そしてひとたび落ち着くとクラリネットが新たなメロディを澄み渡った空気の中の一条の光的に流していきます。まさにここは「クラリネット」でなければ、という素晴らしいアンサンブルです。オーボエでもフルートでも、ヴァイオリンソロでも何となく雰囲気が合いません。このメロディは正直言って「とても覚えやすい」とは言えませんが、ラフマニノフらしい切々とした「もの哀しい」訴えが響いてきます。
譜面ラフマニノフ交2-3.jpg
そしてクラリネットのソロが終わると弦楽器のアンサンブルがそれを引き継いでさらに流れていきます。少しずつ波が強くなったり弱くなったりしながら盛り上がっていき、最後はまた静かな境地で落ち着いて終わります。この楽章だけで約15分かかりますが、それほどの長大さは感じさせません。
この曲の冒頭部分は確かコーヒーか何かのCMのバックで流れていましたが、やはり「落ち着くための商品」のCMには持ってこいの曲ですね。この曲も以前に比べると少しずつ人気が出てきたのでCDでも様々な演奏が出てきています。有名なのはプレヴィンの指揮による演奏でしょうか。

実はアマチュアオケ時代にもこの曲を演奏するチャンスに恵まれました。
演奏している自分たちもこの第3楽章はその雰囲気に「酔いしれて」しまっていました。
ところが、プロのオケ奏者でもある常任指揮者から「この交響曲は変な曲で、自分たちが「いいな」と思って演奏した時は聴衆からの反応はあまり良くなく、逆に「こんな演奏で感動されてしまったのか?」というようなパターンが往々にしてある曲だよ」と言われ、ふ~ん?と感心してしまいました。
えっ、という事は、自分たちが「酔いしれていた」、、、答えは明確ですね、、、。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0