So-net無料ブログ作成

引き出しの奥底にあったポジフィルムの復元! [ローカル線]

引き出しを整理していたら奥底に小箱を見つけ、開けてみるとポジフィルムが入っていました。
今やデジカメが写真撮影の主流となってしまいましたが、数十年前はフィルム時代で、しかも「ネガフィルム」と「ポジフィルム」という2つに分かれていました。当時は圧倒的に「ネガフィルム」による「焼き増し」というのが一般的でしたが、投射機で映写する「スライド」と呼ばれるフィルムもなかなか根強い人気がありました。ただ現在に至っては、焼き増しの写真はスキャナで読み取れますが「ポジフィルム」からのデジタル化はかなり難儀であり、結局業者に任せることにしました。
そこに映っていたのは前回もご紹介した「九州SLの旅」の追加撮影でした。そういえば本格的な一眼レフの他に初心者用のハンディカメラも持っていったことを思い出しました。
いくつかご紹介しますが、やはり50年近く前のフィルムなのでかなり質感が悪く、きれいなカラーで出ていませんでした。これは肥薩線のD51です。
肥薩線D51.jpg
やはりSLではカラーの威力がうまく表現できないようですね。そういった意味ではカラフルな特急列車はカラー撮影でそれなりの効果が出ていました。
これはブルートレイン「彗星」号の後ろ姿です。
ブルートレイン彗星01.jpg
さらに「にちりん」というディーゼル特急で、いわゆる「国鉄特急色」を使っています。
日豊線にちりん.jpg
実は、この旅行に出発する時に品川駅近辺でかなり昔の「湘南電車」が止まっていたので電車の中から撮影したのですが、この写真が一番カラーとして真っ当な映像でした、、、。
湘南電車01.jpg
当時はカラーフィルムの現像、焼き付けも白黒に比べて非常に高価で、親に何枚も焼き増しを頼むのもはばかったので「ポジフィルム」で投射するだけの画像にした覚えがあります。
今回の業者依頼の手間等を考えると、トータルコストとしてどちらがお得だったかは微妙です、、、、。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。