So-net無料ブログ作成
検索選択

東京寺社名駅散策-九品仏 [旅行記]

東京を中心とした首都圏には駅名に「寺社」が付いているところが比較的多くあります。
その駅と名前の寺社を訪問した際の写真をご紹介します。
まず「九品仏」です。そもそもこの読み方が分からない方も多いかもしれません。
「くほんぶつ」と言って本当の寺社の名前は「浄真寺」というお寺ですが、そこには3つのお堂にそれぞれ3体の仏様がまつられているので俗に「九品仏」という名前で呼ばれています。
早速九品仏駅に行くと、今では珍しい「ホーム長が足りなくて1両分ドアが開かない駅」でした。
自由が丘のすぐ隣の駅であり自由が丘駅からも楽に歩ける距離ですが、ここはやはり「九品仏駅」から行くことが礼儀では?と思います。若者で賑わう自由が丘と全く雰囲気が異なる静かな駅です。
九品仏01.jpg
目的の浄真寺は駅を降りるとすぐに参道が見えてきます。この参道も非常に雰囲気の良い通りで、浄真寺の入り口に辿り着くと「九品仏浄真寺」という名前が凝った字体で書かれた門がお出迎えです。
九品仏02.jpg
中は非常に樹木が多く静かな「パワースポット」的なたたずまいで、自由が丘の賑わいがうそのようです。ここは「奥沢城」というお城の城跡でもあり、その案内のすぐ先に鐘楼がありました。
ここはいつでも静かできれいなのですが、とにかく行くとしたら「紅葉」の季節です。モミジ、イチョウが実に見事に色づきます。
九品仏03.jpg
九品仏04.jpg
九品仏05.jpg
都心に近く秋ではまだ暖かいので紅葉の季節は12月に入ってすぐの頃が一番の見ごろです。
ここの紅葉を見て本堂にお参り、そして9体の仏様にもご挨拶をして、参道出口そばにある「蕎麦屋」で「お蕎麦」を食するのが家内とのルーティーンになってしまいました。
日光等にわざわざ出かけなくてもこんなに綺麗な紅葉が見られるのであれば十分のような気がする九品仏でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0