So-net無料ブログ作成
検索選択

鉄道にこだわらず久留里線へ [ローカル線]

2年前の11月、久留里線の完乗を目指し、せっかくなので房総半島をぐるっと回る強行軍を計画しました。
上総亀山終端駅まで行くためには7:24木更津発に乗らないとその後約6時間、途中の久留里止まりの列車ばかりなので、まずはそれに間に合うように計画を立てなければなりません。
総武線や内房線を乗り継いで木更津までその時間に行くことは可能ですが、はっきり言ってそれではあまり面白くなく、「アクアライン」を通る高速バスで行く事をチャレンジすることにしました。
ただ、これにはリスクが大きく、まず渋滞に巻き込まれたらアウト、そしてぎりぎりでもJR同志でないので接続に配慮してくれない、という覚悟をしなくてはなりません。
6:10に品川を出て7:08に木更津駅に着く便があり、満を持してトライすることにしました。

定刻通りにバスは出発、アクアラインも順調に進み、「これなら大丈夫」と思っていた時、ちょうどアクアライン上で日の出の時刻と重なりました!
木更津夜明け01.jpg
気分良く途中停車駅の袖ケ浦バスターミナルにやや早めに着き、やれやれと思っていたら「時間調整します。」と!ここから乗る人はいないと思われるので、さっさと行ってほしい、と心の中で叫んでしまいました。
心配することなく定刻前に木更津駅に到着、何とか目的の列車には乗れましたが、この時間は高校生の通学時間と重なり、ディーゼルカーの中はごった返しているだけでなく彼らのおしゃべりのトーンがフルバンドになり、全くローカル線を楽しむ、という雰囲気ではなくなってしまいました。
久留里駅でほぼ全員学生は降り、やっと静かになったと思ったのですが、そこから終端駅上総亀山駅まで3駅、20分弱というあっけない幕切れでした。
とは言うものの上総亀山駅は山間のひなびた風景で、心を癒していただきました。

上総亀山駅02.jpg

実はそのまま折り返して同じ道を帰るのも面白くないので、タクシーがあったらいすみ鉄道、小湊鉄道の終点「上総中野」まで行ってもらおうと思ったのですが、1台だけ止まっていたタクシーを見つけ運転手に目的を言うと「うーん、、、」と気が乗らなそう。ここでもきつい工程の計画で、目的の列車を逃すとそこで1時間以上の待ち時間になってしまうので、さすがの運転手も約束できないとの事。まあ仕方がないですね。あきらめてトボトボと無人駅の上総亀山駅まで戻り折り返し列車に乗って木更津に向いました。
鉄道だけでない乗り鉄探索もまあまあ悦に入る事ができました。
房総半島ぐるりの話は機会があればまた今度ご報告します。

タグ:終端駅
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブルックナー全集を買ってしまった! [クラシック音楽(オーケストラ)]

ハイドンの交響曲全集で懲りずにブルックナー全集を買ってしまいました。本当は習作と呼ばれている「00番」と「0番」が欲しかったのですが、個別に買うのと全集で買うので殆ど金額の差が無かったのでつい触手が出てしまいました。
シモーネ・ヤングというオーストラリアの女性指揮者によるものでした。演奏そのものは比較的良かったのではと思いましたが、彼女は様々な稿があるブルックナーの交響曲のいわゆる「初稿」にこだわって録音しているので、同じ曲でもかなり聞こえ方が違う曲がいくつかありました。有名な「ロマンチック」と言われる4番ははっきり言って第3楽章以降は「違う曲!」と言っても過言ではない程吹っ飛んでしまいました。よく聞くノヴァーク版、ハース版はどこ吹く風、といった感じで飄々と演奏しているように見えます。第8番も1楽章が「終わった」と思った瞬間フォルテシモでまた締めくくるというサプライズ!第5番、7番、9番らはいつもとそれ程変わらないのでなんかほっとしてしまうように感じてしまいました。
結局0番と00番を聞くだけのつもりで入手したものの、やっぱり全部聞いてしまいました。全集が好きな日本人とあざ笑えない自分がここにいました。
ブルックナー・ヤング.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

行きやすいが完乗しにくい鶴見線 [ローカル線]

首都圏のJRのローカル線として有名な鶴見線のファンは結構多いと思われます。
まずはとにかく都心からも近く行きやすい事、そして海に面した工場地域を走る独特な雰囲気が人気の的となっているからでしょう。
この線の驚きは「鶴見線」という1本の路線に終点が4つもあることです。すべての始発は鶴見駅、そこから「扇町駅」「海芝浦駅」「大川駅」の3つの駅に枝分かれして電車が入れ代わり立ち代わり走っています。工場等への通勤時間はそこそこ電車は走っていますが、9時を過ぎると一気にローカル線になり替わってしまいます。大川行きなど9時を過ぎると17時近くまで一本も走っていません。
乗り鉄は一つの目標が「完乗」ですが、この大川駅の扱いを失敗するととんでもない無駄な時間が発生するか、この駅だけのために別の日におもむかなくてはなりません。
いくら「近い」といっても甘く見てはいけない路線です。
こちらは扇町駅
鶴見線扇町02.jpg
これは海芝浦駅。一番活気がある終端駅らしい駅です。
鶴見線海芝浦01.jpg
最後は一番ローカルな大川駅。
鶴見線大川01.jpg
鶴見からしばらく行くと貨物線と並行していくのですが、特に扇町駅は「終端」のイメージが薄く、並行している貨物線だけはそこよりもどんどん先に伸びているので、本当にこの線は「通勤」はともかく「旅客」の立場が非常に小さい線という事が如実に表れてます。(昼日中に乗っている一般人は鉄ちゃんぐらいしかいないのでは?)
タグ:終端駅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

後日談付き室内楽演奏(フルート4本による四重奏) [クラシック音楽(その他)]

以前このブログでオーケストラのメンバーで室内楽を披露する機会があったことをご紹介したと思います。
私としてこのチャンスの最後のステージが、所属しているオーケストラのフルーティスト4人全員による四重奏でした。フルート4本のアンサンブルは低音が無いので広がりに欠けるものの、ソフトな音色はそれなりに評判はよかったようです。(何よりも私以外の3人が美女なので、そちらの方に評価が高かったのかもしれません、、、)
フルート四重奏01.jpg
実は「後日談」というのは、たまたまここに来て聞いていらっしゃる方にいきなり声をかけられた事から始まりました。
その方は様々なイベントを企画運営するお仕事をやられていらっしゃった方で、我々4人に「老人ホームの慰問演奏に出てほしい」という依頼を突然出してきました。4人ともそれぞれ仕事を持っていたので別途打ち合わせて「面白そうだからやってみようか?」という事になり、コンサートでの曲ではご老人も喜ばないと思われたのでもう少し柔らかい曲をいくつか集めて練習を始めました。
当日4人でその施設に行きましたが、施設にいらっしゃる方皆さん明るい笑顔でお迎え頂きました。クラシックにこだわらずポピュラー曲等も準備しましたが、やはり年配の方なので童謡や日本の歌、特に「赤とんぼ」を演奏したら皆さん一緒に口ずさんでいらっしゃりました。帰りがけにあるご老人から「今日は本当にありがとうございました。」と声をかけられて、その時は本当にこちらこそとても楽しくありがたい機会だったとお返事をしたと覚えています。
その企画者からは交通費レベルの費用をお支払い頂いたものの、我々はある種のボランティア気分でもやっていたのでそれを頂くのも恐縮してしまいましたが、そのままありがたく受け取り後日お疲れ様会をやったと思います。
アマチュアでもこういった機会を得る事が出来たのはとても良かったと思い、僅かではありますが何らかの社会貢献ができたのでは、と充実感を得られました。