So-net無料ブログ作成
検索選択

おもちゃ箱のようなひたちなか海浜鉄道 [ローカル線]

前回ご紹介した小湊鉄道と同じように、このひたちなか海浜鉄道もファンから人気でカレンダー素材としてよく使われています。この路線は比較的短いにもかかわらず撮影ポイントが結構あるので、撮り鉄にとっては東京からも近い事もあってうれしいローカル線ではないでしょうか。
5年前に仕事で訪れた茨城地区の帰りにちょっと寄ってみました。阿字ヶ浦までの往復で1時間程度なので初めての場所とは言いながら気楽な旅ができました。
その終端の阿字ヶ浦駅、銚子電鉄の外川駅やわたらせ鉄道の間藤駅のような「ローカル」ではあるものの、なんかちょっと中途半端な気がしてなりませんでした。というのも列車もそれまでの車窓が極めてローカル色濃いにもかかわらず、この駅のホームがやたらと長くきれいなことです。さらには無人駅の駅舎が逆に掘っ建て小屋のようなイメージであり、このアンバランスが何とも言えません。
ひたちなか02.jpg
ひたちなか01.jpg
最近さらに先の「ひたちなか海浜公園」まで延伸されることが決まりルートも決定しましたが、そういう訳あり駅なので「終端」になりきっていなかったのでしょうか?また昔はJR(当時は国鉄?)からこの阿字ヶ浦まで直通の海水浴客向けの列車が上野から出ていたという話もあったらしく、そのためにホームも長くしているとの情報もあります。

やはり会社の仕事の途中では雰囲気も中途半端だったのでその1年後に再度訪れ、この鉄道の車両基地がある中心駅那珂湊駅で降りてみました。
この車両基地で面白いのは様々な形式やボディ色のディーゼルカーが集まっている事です。生え抜きの車両には個性的な塗装をする一方で、国鉄お下がりのディーゼルカーは塗装もあまり塗り替えていないので本当にゴチャゴチャとしたおもちゃ箱のようです。
ひたちなか05.jpg
帰りがけにホームに鳥かごのようなものが置いてあったので覗いてみると、そのかごの主は「ネコ」!
地方に猫駅長等で評判の鉄道もいくつかありますがここの猫は愛想が悪く、こちらのカメラを睨み返しているような表情でした。4年前なので今はもうこの猫はいないかもしれませんが、当時からしてみたらどういった位置付けの猫なのか全く不可解でした!
ひたちなか04.jpg
タグ:終端駅
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オケでのゴールウェイ讃-ベルリンフィルデビュー時のサラリーマン気質(?) [クラシック音楽(オーケストラ)]

人間誰しも新しい組織に異動になった時、その組織に早く馴染もうと努力されると思います。そのためその組織デビュー時は必要以上に自己PRを展開する人が多いと思われます。
ゴールウェイのベルリンフィルデビュー時もこういった何となくサラリーマン気質があったのか、1969年~1970年の録音は「気合い」がスピーカーの先から感じ取られます。
当時は同じ木管楽器にはオーボエのコッホ、クラリネットのライスター等世界的にも名を馳せたプレーヤーがベルリンフィルに居座っており、彼らと共演する事はゴールウェイにとっても大変刺激的であり、演奏時もかなりテンションを上げていたと感じ取れます。
このLPはベルリンフィルのトップ奏者による木管アンサンブルの録音でデビュー後約9か月後の1970年6月のテイクです。
bpowoodquint.jpg
4人のベテランベルリンフィルメンバーに対しまだ髭もはやさず凛々しくネクタイを絞める新人サラリーマン的姿ですが演奏もかなり張り切っており、私もこの演奏でこれらの曲のファンになってしまいました。(ダンツィとライヒャ)
こう考えてみるとオーケストラというのは芸術家の集団でありながらも会社組織と似てなくもないという事が少しずつ感じ取られてきました。
確かに良い上司(指揮者)だと自分の実力以上の成果を出せる可能性がありますが、悪い上司(指揮者)だと真っ向から対決はしなくても距離を置きながら対応していく姿は何となく同じようにも思えます。他の例として、昔シカゴ交響楽団のフルートのキンケイドとオーボエのスティルは隣に座っていながら犬猿の仲で一切会話をしなかったものの、本番の演奏ではそんな事を微塵も出さないアンサンブルをしているのも、社内で気が合わないメンバーと仕事をしている姿に映し替えてしまいます。
結局ゴールウェイも当初3年間はこの組織に何とか沿いつつも「エライ」本部長(カラヤン)からの組織に対する上位下達に我慢しきれなくなって5年で自ら転職していったという事になっていますが、これもサラリーマン的縮図にも当てはまるような気がしますね。
1969年~70年のお勧めの録音は上記の室内楽の他、コッホによるリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲、オネゲルの交響曲第3番「典礼風」、スッペの序曲集(中でも「スペードの女王」)ベーム指揮のモーツァルトのポストホルンセレナード等がありますので、是非聞いてみてください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

未視聴クラシックDVDの山! [クラシック音楽(その他)]

昔不在時等に見たいテレビ番組があるとビデオ予約をされていた方も多いと思います。
NHKのEテレで日曜日の夜によく外国の来日オーケストラの演奏会の映像や、海外のクラシックイベントの紹介等を「芸術劇場」として放送しており、放送終了が深夜に及ぶ場合もあるので翌日から仕事が始まる事もあってビデオだけに撮って寝てしまった事が茶飯になってしまいました。
連続モノだと次の週までに見ないと、という追い込まれ感があるのですが、こういった「クラシック音楽」番組はそういった切迫感は無く、「いつか見れば良い」という事でとりあえずDVDにダビングして取り置きしていました。
そんな状況でその未視聴盤が徐々に増えてきたものの、休日に見るほどの物理的、精神的ゆとりも当時は失せており、「そのうち会社を定年退職したらゆっくり見よう」とだんだん問題先送りになってしまいました。
昨年「さあ、定年退職だ!」という一つのケジメが出来たものの、いまだに未視聴盤が溜まっています。溜まり過ぎると「何から見るか?」という選択に迷いが生じ、結局諦めて他の事を始めてしまうという悪循環です。
DVDのダビングやラベルの作成はこまめにチョコチョコやっているのですが、肝心の中身の視聴がお座なりになってしまっており、その12cmの銀盤がたまっている引出しを恨めしそうに見ている毎日です。
さあ、次なる先送りはどんな口実にしましょうか、、、。
録画DVD集01.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ローカル線カレンダーの常連、小湊鉄道 [ローカル線]

毎年この時期(12月)は来年のカレンダーに架け替える時期ですが、やはりどうしてもローカル線のカレンダーを選んでしまいます。ここ5~6年ローカル線カレンダーを部屋に貼っていますが、必ず出てくるのがこの「小湊鉄道」です。しかも大抵3~4月の桜や菜の花が満開の頃、さらには表紙にもよく使われるほど、この鉄道は目の保養になるようです。小湊鉄道のディーゼルカーはほぼすべて同じ型式でカラーも統一されていますが、かえってこのシンプルなカラーが背景にうまくマッチしているので「撮り鉄」ファンやカレンダー出版社も「定番ローカル線」としての評価が高いのでしょう。
私もこのカレンダー的構図で1枚パチリと!
小湊鉄道01.jpg
前回ご案内した「微妙な終端駅、上総中野駅」にいすみ鉄道の黄色い列車がやってきた後数分して小湊鉄道が内房の五井駅に向かって発車します。
いすみ小湊鉄道01.jpg
早速房総半島山間部で数少ない観光地「養老渓谷」を走り抜け、山間の中非常に良い車窓を見ながら列車はどんどん下って行きます。
小湊鉄道03.jpg
上総牛久駅というこの線では比較的大きな駅に着くと「鉄ちゃん」以外の地元の人もかなり乗ってきます。五井駅からここまでの区間だけを走る列車も比較的あり、上総牛久駅を出るとかなり開けてきます。そして終着五井駅に到着。
小湊鉄道02.jpg
当然五井駅はJRの連絡駅なので比較的大きく、駅の外も市街地的に整備されていました。
列車の車庫もここに集結していますが、やはり結局小湊鉄道の景色としての白眉は「上総牛久」~「上総中野」の間でしょうか。カレンダーもこの区間が圧倒的に多く採用されています。
今回はいすみ鉄道側から横断しましたが、五井から出発したほうが「後の楽しみがいよいよやってくる」的なワクワク感が出そうですね。(と言いながら、2回目の訪問もいすみ鉄道側からスタートしてしまいました、、、。どうもスケジュール的にはこちらの方が効率良く計画出来るので、、、)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

微妙な終端駅 上総中野駅 [ローカル線]

このブログではローカル線の「終端駅」をテーマにしてご紹介しています。
先般のいすみ鉄道の上総中野駅は、確かに「いすみ鉄道」としては終点駅で「終端」に相応しい駅なのですが、駅の配線図を見ると微妙な部分があります。
まず小湊鉄道側の上総中野駅のホームです。
上総中野駅01.jpg
しっかり車止めが置いてあり、向かうから来るいすみ鉄道の線路とはつながっていません。
そしてこちらがいすみ鉄道側のホームです。
上総中野駅02.jpg
こちらもホームの先に車止めがあり、向こう側の小湊鉄道とはつながっていません。
しかしこの写真の左端の保線用の車両のある線が微妙なのです。
どちらも上総中野駅手前で分岐した線路があり、それがこの保線車両用線路で繋がっています。
鉄道会社が違うのだから、それぞれ終端になっている線路は全く問題ないのですが、この線路はどういう扱いなのか微妙ですね。そもそもこの保線用車両はどちらが持ち主なのでしょうか?当時はそこまで意識しなかったので確認せずに帰ってしまいました。
都会では様々な鉄道会社が他の鉄道会社の線路に乗り入れている事が多いのでこういった疑問を全く認識せずに日頃列車に乗っていますが、こういうローカル線の終端の場合は改めて面白い様相を呈していると再認識し、「何も無い」とはいえこんな面白い上総中野駅でした。
タグ:終端駅
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

オケでのゴールウェイ讃-ロンドン響時代の茶目っ気 [クラシック音楽(オーケストラ)]

ゴールウェイがベルリンフィルに入る前の2年間はイギリスロイヤルフィル、さらにその前に1年間イギリスのトップオーケストラのロンドン交響楽団の首席として在籍していました。
実はこの1年間のロンドン響で結構ゴールウェイの録音記録等があります。
今回は録音だけでなく、バーンスタインがロンドン響を振ってショスタコービッチの交響曲第5番の貴重なビデオ映像が市販されている事を知り、早速購入しました。
白黒のモノラル録音ですが、髪が短く黒縁眼鏡のゴールウェイがしっかりフルートトップの席に座っていました。演奏もベルリンフィル時代ほどの煌びやかさは無いものの、しっかりとしたゴールウェイトーンでした。
このビデオの最も面白いのは「ボーナス」としてリハーサル風景が映像の中に付いているのですが、そのリハーサル演奏最中にセカンドフルートにさかんにいろいろ聞いているゴールウェイの姿がモロに映っているのです。となりのオーボエトップ(多分アンソニー・キャムデンという名オーボエ奏者)が「何やっているんだよ、、、」と苦笑している姿までわかるほど、パニックになりそうなゴールウェイを冷ややかに見ている姿が実におかしく、本番の演奏よりも印象が強く残りました。
ゴールウェイLSOビデオ01-1.jpg
相談にのっている第2フルートはリチャード・テイラーという人で、ゴールウェイの著書でも「オーケストラ人生で最も気前のよいプレーヤー」と絶賛していました。
テイラーさんが一生懸命対応している姿が微笑ましく、こういうカットを撮ったカメラマンにも「いいね!」をあげたくなりました!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

人気のいすみ鉄道、ムーミンファミリーと共に [ローカル線]

関東の人気ローカル鉄道に「房総半島横断」鉄道があります。一つは小湊鉄道、もう一つはいすみ鉄道です。この2つは内房、外房のJRの駅を起点として房総半島まん中の「上総中野駅」に双方の終端があるという鉄道で、大抵はこの上総中野駅で乗り換えて横断する人が多いと思われます。
今回はいすみ鉄道をご紹介します。

5年前の好天の早朝、外房線大原駅までたどり着き、黄色のボディーカラーのいすみ鉄道に乗車しました。早速乗り込むと、そこにはムーミンファミリーのぬいぐるみが乗務員席そばにちょこんと置いてありました。この線は過去JR木原線というローカル線が第三セクター鉄道としていすみ鉄道に生まれ変わりましたが、前回ご紹介した「銚子電鉄」と同じように経営再生のためあの手この手を打って来場客の拡大を図り、その一つが「ムーミン」の導入でした。
いすみ鉄道02.jpg
このぬいぐるみは「ミイ」と「スナフキン」でしたが反対側の乗務員席には主人公「ムーミン」のぬいぐるみが鎮座していました。ディーゼルカーの前部にもムーミンファミリーのメンバーがトレインマークとしてしっかり取り付けてありました。
いすみ鉄道01.jpg
この線は「鉄ちゃん」が多く乗っていますが他の線に比べ女性の「鉄ちゃん」が目立っているのもこの「ムーミン」のおかげでしょうか。大原からほどなく行くと突然山間部に入り小さな池が登場しますが、ここにも「釣りをしているムーミンファミリー」の人形が飾ってあり、鉄道会社の並々ならぬご尽力が伺えます。
さらに行くとお城で有名な大多喜駅に到着。この鉄道の本社、車庫があり、ここでも結構「鉄ちゃん」が写真を撮ったりして賑わっていました。
そして終端の上総中野駅に着きましたが、ここは大多喜駅と打って変わって本当に「何も無い」駅でした。
いすみ鉄道03.jpg
小湊鉄道との接続が良くないとここで小1時間以上待つ事になりますが、自動販売機以外に相手をしてくれる物、店、人が無く、ただのんびりと列車を待つ以外に何も出来ませんでした。
この上総中野駅から小湊鉄道への旅は次回ご紹介します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アマオケ奮戦記-選曲、困った時の・・・ [クラシック音楽(オーケストラ)]

アマオケ奮戦記で以前選曲の苦労談を記載させていただきました。
今回は「いよいよ」となった時点でも曲が絞り切れない時に使う手として比較的様々なオーケストラの中でも使われているキーワードがあり、ご紹介します。
それは「困った時の『ブラ2』、『ドボ8』、『チャイ5』」と言われている言葉です。
正確には「ブラームス交響曲第2番」「ドボルザーク交響曲第8番」「チャイコフスキー交響曲第5番」の事です。
これらの曲は共通している点がいくつかあります。
比較的人気の高い曲であること、そしてすべてが盛り上がって終わる事、技術的にもそれほど高度なものは要求されないことです。
そして何よりもアマオケにとって一番うれしいのは「チューバが入る事、ハープが不要な事、打楽器はティンパニのみの事」
チューバの正式団員を抱えているオーケストラは決して少なくなく、出番の調整に苦労されている場合が多い事、そしてなによりもハープや特殊打楽器を使わない事によって練習等も含め余計な費用(エキストラ代、楽器借用・運搬費)がかからない事です。
ベートーヴェンの交響曲は選曲としては候補に十分あげられるのですが、チューバだけでなくトロンボーンの出番も無い場合が多く、他の曲での調整で結局苦労する事になってしまいます。打楽器メンバーに多少しわ寄せが行ってしまいますが、その時はアンコールでカバーする等の対策を検討します。
とは言うものの、しょっちゅうこれらをやっている訳にはいかないので、「本当に困った時」のカードとして温めているというのが実態でしょうか。
ブラ2ドボ8チャイ5スコア01.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オケでのゴールウェイ讃-幻のドヴォルザーク8番録音 [クラシック音楽(オーケストラ)]

ゴールウェイがベルリンフィルにいた時代に来日したのは1970年と1973年の2回だけです。
1970年に東京で行われた演奏会に行くことが出来、その時のプログラムはオネゲルの「典礼風」とドヴォルザークの交響曲第8番でした。
その時はまだゴールウェイという存在すら知らずに上野の東京文化会館に行ったのですが、この2曲ともフルートの派手なソロが多く、その時「このなめらかな音色のフルートはいったい誰だ?」と驚愕したことを覚えています。なぜか売られていたプログラムにオケのメンバー表が載っておらず、カラヤンオンリーの冊子になっていたので、その時は誰だかは知りませんでした。
その後ゴールウェイと分かり、今度はゴールウェイ目当てに1973年は敢えてドヴォルザークを避けブラームスチケットを入手したものの、当日はもう一人のソロフルートのブラウだったのでがっかり。避けたドヴォルザークはやはりゴールウェイと後で分かりました。
その時はNHKホールこけら落しの一貫のコンサートだったのでNHKがFMで生中継をしていたのですが、カラヤンも商魂逞しく複製や再放送の権利を与えずに帰っていったため、結局その後聞くことが出来ませんでした。(実はゴールウェイがドヴォルザークの8番を演奏した録音は正式には無く、今売られているCD等も彼が不在だった時代のものばかりです。)
ところが私の学校の大先輩がこの生中継のFMの音源をしっかり採っておいていただき、それをCD化して頂いたものを頂戴する事ができました!これには涙が出るほど感激してしまいました。
このCDは自分の宝物として大事に取っておいてあります。
(この写真はその1970年と1973年来日時のプログラムです。)
ベルリンフィル来日PG7073-1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

人気の銚子電鉄で対照的な2つの駅に [ローカル線]

鉄道経営はなかなか大変である事を世に知らしめた、と言っても過言でない「銚子電鉄」に4年前にお邪魔しました。
様々な都会で走っていたレトロな電車を走らせたり、地元の醤油工場にあやかり「ぬれせんべい」で一躍有名になったりした事で、ローカル鉄道でも人気の路線です。
成田線で銚子駅に着き、そのホームの端っこにある銚子電鉄のホームに向いました。
かつて東京京王線で走っていた電車がアイボリーボディーカラーも変えずにちょこんと止まっていました。
その電車に乗り、終端駅の外川駅まで一気に行ってみました。
この外川駅、本当にレトロでローカル線の鄙びた風景を存分に醸し出しており、駅舎、電車だけでなく駅前のポストまでタイムスリップ感満載です。
外川駅01-2.jpg
天気も良くそのまま折り返すのももったいなかったので、徒歩でも十分たどり着く一駅手前の「犬吠」までのんびり歩いて行きました。
そして犬吠駅に着いたとたん、前駅の「外川駅」とのイメージの大きなギャップに唖然!
確かに犬吠埼至近の観光スポットではありますが、あまりにも綺麗で現代風の駅舎であるだけでなく、しっかりと「ぬれせんべい」ののぼりや「銚子電鉄の佃煮」の看板といった商売熱心な駅へと変貌していました。
銚子電鉄02-1.jpg
とは言うもののせっかくなので、そのぬれせんべいを土産物として購入、切符を買って綺麗なホームで銚子行き電車を待っていると、やはり旧京王線のグリーンの古びた電車がトコトコやって来て、逆にほっとしたような気分にもなりました。
銚子駅手前の電車庫には旧地下鉄銀座線の電車も止まっており、昭和時代に青春を過ごした人間には本当に癒される鉄道でした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行