So-net無料ブログ作成
検索選択

浜名湖をぐるっと、天竜浜名湖鉄道 [ローカル線]

4年前のちょうど今頃、掛川にお邪魔する予定が出来たので、それならばこの「天竜浜名湖鉄道」に乗ってみよう、という事で早朝に出発しました。新幹線で行くのも面白くなかったのでなんと各駅停車を乗り継ぎ、豊橋の手前の「新所原」という駅まで鈍行列車を3回(熱海静岡浜松)で乗り換え途中乗り継ぎ待ち含め5時間以上かかり到達しました。
新所原駅で待っていた列車は思いのほかきれいなディーゼルカーで、鉄道会社の人が一生懸命磨いていたのではと感じられました。
天浜線01.jpg
1両編成のディーゼルカーはお客もまばらで出発、このローカル列車風景もなかなか乙な物でした。
天浜線02.jpg
しばらくすると浜名湖が見えてきましたが、はっきり言って新幹線で思いっきり超スピードで通り過ぎる車窓に比べ何倍もきれいな風景でした。あまりにも見とれてしまい写真を撮るのも忘れてしまいアップできません。(すみません)
途中のこの鉄道の本社のある天竜二股駅で運転手が変わり、多少の時間調整後終点の掛川に向けてスタート。今度は浜名湖から離れ丘陵地域をのんびりと走り、田園風景を満喫しました。
そしてトータル2時間以上かけて掛川に到着、癒された時を過ごさせていただきました。
天浜線03.jpg
掛川の予定の時間まで多少ゆとりがあったので、掛川城の所まで行く事にし、徒歩で10分弱で着きましたが、何しろ天気が良かったので青空に天守閣が映えわたり、誠に美しい風景でした。
掛川城01.jpg
いい気分になって訪問予定地の学校に到着しましたが、「インフルエンザのため午後から下校指示」というアクシデントに見回れ、予定の業務は出来たものの一気に現実に引き戻された気持ちです。
ただ、その学校で出された「掛川茶」が実においしく、お土産に頂いたお茶の葉は自宅でも大好評でした!
このブログでは「終端」にこだわってましたが、この天浜線(地元ではそう呼んでるそうです)は旧国鉄の二俣線が第3セクタ化された線であり、東海道線のバイパス的存在なので「終端」はありません。とは言うもののローカル色満載で大変綺麗な風景も存分に味わえたのでご紹介しました。

オケでのゴールウェイ讃-数少ないロイヤルフィルの録音 [クラシック音楽(オーケストラ)]

ロンドン交響楽団を辞めベルリンフィルに入るまでの間2年間はロンドンのロイヤルフィルハーモニーの首席奏者としてゴールウェイは過ごしていました。しかしこの2年間の彼の活躍を残したものが余りにも少ないようです。たった1年でも録音や映像を残していたロンドン響に比べて倍の期間在籍していたにもかかわらず、なかなか現在でも見つける事ができない状況です。
多分ゴールウェイと思われる演奏の録音を小生のコレクションから一つ見つけました。
ゴールウェイRPOツァラ.jpg
リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストゥラはこう語った」という交響詩で、クラシックをよくご存知ない方も「2001年宇宙の旅」のテーマ音楽や様々なドラマの感動のシーンに使われる音楽と言えばお分かりかもしれません。
ヘンリー・ルイスという正直超一流とは言えない指揮者がロイヤルフィルを振った録音ですが、フルートの音は間違いなくゴールウェイと思われました。このLPレコードに録音年月が書いてありませんが、中のライナーノートを見ると1968~9年頃にロイヤルフィルに客演した時の録音のような記載がしてあり、ゴールウェイの在籍期間(1967~9年)と合致するので、恐らく間違いないでしょう。全体の演奏は「可もなく不可もない」演奏ですが、時折聞こえるフルートが煌びやかに聞こえるのが感じられます。
ゴールウェイも自叙伝にベルリンフィルの次にロンドン響の記載が多くあるものの、ロイヤルフィルについては大変短い文章で、それもあまり良い評価ではない書き方をしています。どうもここでの「物足りなさ」がベルリンフィルのオーディションへの引き金となったのでしょうか。

何故このLPを持っていたのか?当時「2001年宇宙の旅」のテーマとなった全曲のレコードが欲しくなってレコード店に行ったのですが、名盤を買うにはちょっとお金が足らずやや安い物を見つけて我慢した覚えがあります。勿論当時はゴールウェイという名前すら知らない頃です。
それがゴールウェイと縁があったというのは、何か不思議な気がしており、レコード店で何となく引き付ける見えない力がこのレコードにあったのでしょうか、、、。

東京都完乗達成の地、高尾山口へ [鉄道一般]

2年半前の夏、東京都のJR、私鉄の完乗を果たすべく多摩モノレールに乗り、やれやれとの思いで帰る際に「高幡不動駅」で乗り換えた時、ふと「未乗線」があったのを駅の改札口の行先表示板を見て思い出しました。
そうなのです。実は京王線の高尾駅までは以前乗っていたのですが、高尾山口までは「いつか行くだろう」といういい加減な思いで先送りしていたことをすっかり忘れてしまっていました。
折角新宿行きの電車が来たところで逆のホームに行き高尾山口行きに乗車、高尾から未乗区間に入りたった一駅ですが高尾山口までたどり着きました。これで神奈川県に続き東京都も完乗達成しました!
ここも立派な「終端駅」でした。

高尾山口02.jpg
高尾山口01.jpg
駅を降りるとさすがに緑に囲まれた駅周辺の空気はさわやかでした。この日は8月とはいえ何となく日差しが無く曇り空でしたが、やはり昨今人気の「高尾山」で観光客もかなり訪れていました。昔の高尾山口駅をよく知らないので何とも言えないのですが、恐らく以前はもう少し鄙びた風情があったのではと思います。
今や駅の中に立派なお土産屋もたくさんのお客さんで賑わっており、様々なジャンルお菓子アクセサリー的なものを並べていました。
家内が友人の影響を受け「カッパ好き」だったので、木工のカッパの人形を見つけ買い求めました。
家にある縫いぐるみ等に家内はそれぞれ固有のネーミングをしたりしているのでこのカッパを「たかおくん」と提案したところ、特に異論もなかったのですが縫いぐるみと違ってあまり関心を持ってくれませんでした。「たかおくん」という名前のイメージが災いしたのかは分かりませんが木工製品なので「硬い」というイメージが強く、縫いぐるみほどの癒し感が無いようです。
かっぱのたかおくん.jpg
今はメインのリビングには置かれず、我が家の階段の踊り場の隅で硬くなって上り下りする家族を見つめています、、、。
タグ:終端駅

アマオケ奮戦記-オケでの人脈が本業で使えるか??? [クラシック音楽(オーケストラ)]

アマチュア」というのは「素人」と訳しますが、「本業ではない」という意味の方がアマオケでは合っているかもしれません。
本業は「学校の先生」「整体師」「開業医」といった方も少なからずいましたが、だいたいが「一般会社のサラリーマン」です。
練習では和気藹々と演奏し、飲み、楽しんでいるのですが、本業に帰れば当然それぞれの仕事で真剣に毎日を暮らしています。
ところが一般市民オーケストラとなると会社のくくりが無い分、仕事で突然オーケストラのメンバーと接点が発生してしまう事が時々あります。
小生は営業の仕事をしていましたが、あるとき会社の後輩のお客様のキーマンが実は自分の所属オーケストラの管楽器奏者であることが回り回って分かり、お互いびっくりしたことがありました。
後輩に懇願され一度商談の場につき合わされた事がありましたが、正直お互いに名刺交換した時も何故かギクシャクしてしまいました。
ア名刺交換01.jpg
やはりアフターファイブの関係を本業に使うのは良し悪しがあり、あまりにもこれ見よがしにすべきではないと感じました。
(もっとややこしいのは、女性団員の旦那様が取引先の幹部だったりする事もありますが、それはさすがに正道でのビジネスに徹するべきで、こういう関係はあまり使うべきではないと思っています。)
ただ、オーケストラの練習の後での飲み会で「それとなく本音」をお互いに話したりすることもあるので、裏情報源としては多少なりとも役に立つことはあるかもしれません。
いずれにせよ「会社以外の人脈形成」という観点ではとても有意義であることは確かであり、上手に使う事が肝要ですね。

楽譜(スコア)のお値段 [クラシック音楽(オーケストラ)]

CD、DVDのコレクションの他にオーケストラ曲のスコアも結構買いあさりました。
そもそも父が音楽関係の仕事をしていた事でかなり昔の古いスコアを譲り受けましたが、あまりにも保存状態が良くないので買い直したものが殆どです。
日本では「音楽の友」社、「全音楽譜出版」社等、比較的しっかりしたスコアを販売している出版社もあり、またアメリカの「ドーバー」社が大型スコアを比較的安価で提供していたりで、入手もわりと容易にできます。おかげ様でかなりそろってきました。
スコアライブラリ01.JPG
例えばこのマーラーの交響曲第2番「復活」は約40年前に買った時750円でした。
スコアマーラー201.JPG
ところが先日すごいニュースが飛び込んできました。このマーラーの交響曲第2番「復活」の作曲者の自筆譜がオークションで「6億円」という前代未聞の値段がついた、というニュースです。
勿論自筆譜という「骨董品」的存在なので破格にはなっているのは当たり前ですが、こうなってくるとルノアールの絵画等と扱いが同じになってきますね。
単純には比較できませんが、私の持っているこのマーラーのスコアは解説も含め250ページ前後で当時の750円で考えると1ページ3円程度(現在は1500円程度なので6円前後)ですが、もし同じページ数と仮に考えると自筆譜は1ページ240万円!!!
うなってしまいます、、、。


110円損した(!?)JR岩徳線の運賃のからくり [ローカル線]

山口県の下松市に日立の大きな工場があり、そこにお邪魔することになりました。
この「下松」東京からだと非常に行きにくい所で、飛行機だと「山口宇部空港」か「岩国空港」からタクシーかバスと列車を併用するしかなく、新幹線も徳山で乗り換える必要があります。この工場では列車を作っている関係で移動には昔はどんなに時間がかかっても「新幹線」を利用する、といった顧客への義理人情を発揮していたようです。
今回「岩国空港」に降り立った事が無いのと「岩徳線」というローカル線に乗りたいという願望で、普通では採用されないルートを使う事にしました。
岩国駅から1両編成のディーゼルカーに乗り、いよいよローカル色満喫の旅が始まります。
岩徳線02.jpg
錦帯橋のある錦川を横目で見ながら川西駅に着くとドサっと高校生が乗り込み、1両編成の車内は飽和状態!この駅のすぐそばに県立高校があるのですが平日の昼過ぎ、下校時刻とは思えないものの、ひょっとしたら「中間テスト」の関係なのでしょうか?とにかくいろいろな所で体験した「ローカル線なのに満員列車」を再度満喫する羽目に。
進んでいくと徐々に高校生が下車していき、やっとこの写真のようなローカル風景を満喫できる状態まで戻りました。
岩徳線風景01.jpg
櫛ヶ浜駅に着いて下車、ディーゼルカーはひと駅ですが山陽本線に乗り込み終点の徳山まで去っていきました。
岩徳線01-1.jpg
実はこの櫛ヶ浜駅が「クセモノ」。
岩徳線03.jpg
小生が行こうとしている下松駅はこの駅から岩国方向に戻る山陽線に乗りかえるのですが、岩国駅で「下松」までの切符を買うと「1140円」。この「櫛ヶ浜」までの岩国からの運賃は「840円」。このからくりは下の「ゼンリン地図」をご覧ください。
岩徳線地図.jpg
要するにメインの山陽本線を使うと距離的に大回りになるものの、下松までは自動的に山陽本線の運賃で計算されてしまいます。小生のようなひねくれものの行程で行く場合、一旦櫛ヶ浜駅で下車して切符を買いなおすとトータル「1030円」でその差「110円」
缶コーヒー1本買えましたね、、、。

東京都足立区の終端駅の旅 [鉄道一般]

3年前の正月に、まだ乗ったことのない「日暮里舎人ライナー」に乗るべく、日暮里駅まで行きました。駅に入ってきたのは「ゆりかもめ」に似た車両です。
日暮里舎人鉄道01-1.jpg
日暮里を出ると繁華街を見ながら蛇行し、西日暮里を出るとただひたすら「北へ、北へ」の旅が始まります。一般道路の上に線路(というか道路?)があるので見晴らしは良いのですが、あまり変化がない景色をみてしばらく行くと「見沼代親水公園」という駅に到着。ここがこの線の終端になります。
日暮里舎人鉄道02-1.jpg
降りてみると特に変わったものはなく「とりあえずここらへんでやめときましょ」的な駅でした。
考えてみればこのすぐ先は埼玉県であり、東京都交通局であるこの線からしてみれば「都民ファースト」の立場上ここを終端にせざるを得なかったのでしょう。
ここからまた日暮里まで戻るのも面白くなかったのであらかじめ調べたところ、この駅から同じ足立区にある「東武線大師前駅」近隣を通るミニバスがある事を発見、それに乗る事にしました。この大師前駅から西新井までの一駅も未乗線だったので「これ幸い!」とバス停で待っているとトコトコとミニバスがやってきました。
見沼-新井大師バス01.jpg
最初はミニバスに相応しく数人しか乗ってなかったのですが、このバスは地域コミュニティバスとしての位置付けもあり色々寄り道をしながら足立区民をかき集め、気が付いてみると大ラッシュ状態になってしまいました。
何とか大師前駅最寄りのバス停につきましたが、降りたとたん「しまった!」と気づきました。当日は3が日明けとはいえ土曜日で西新井大師初詣客がごった返す状況だったのを想定していませんでした!行きがかり上仕方ないので家族連れやカップルがひしめく中トボトボと本堂まで行きお参り、何とか大師前駅までたどり着いたら、ここでもとんでもない混雑。
東武大師線01.jpg
東武大師線02.jpg
西新井まですし詰め状態の2両編成の電車に乗り何とか帰路につきましたが、「正月の乗り鉄はよく考えて場所を設定するべし」と悟った旅でした!
タグ:終端駅

オケでのゴールウェイ讃ー謎のアングラCDで貴重な録音発見! [クラシック音楽(オーケストラ)]

昔、秋葉原に「石丸電気」という大型店舗があったのをご存知の方も多いと思われます。そこにはCD(さらに昔はLP!)専門のビルが建っており、小生若かれし頃給料が出れば必ずそこにお邪魔していました。その石丸3号館(かな?)に「輸入クラシック専門フロアー」があり、そこに「輸入CD-R」という何となく怪しげなコーナーに目が行きました。
どうもヨーロッパの演奏会の生録音を現地の放送局がオンエアし、その「怪しげ」な企業がダビングしてCD-Rに落として販売していたようです。
そこになんと、カラヤン、ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲シリーズがあり、しかも1970年にウィーンで行われたと思われる実況録音のCD-Rが4枚ありました。当時はベルリンフィルは管楽器のトップをダブルキャストにしており、ゴールウェイかブラウのどちらかだったのですが、もしブラウでも仕方ない、と一念発起してその4枚を買ってしまいました。まだCDが高かった頃で、そのCD-Rも今からでは考えられない値段でした。(金額は忘れました。)
ゴールウェイBPOCDR01.jpg
自宅に戻り恐る恐るそのCDをプレーヤーにかけましたが、「やった!」すべてゴールウェイでした。その瞬間「高い」という意識が吹っ飛びました。
1970年は前にも記載した通りまだ転勤後間もないので、ゴールウェイも新天地でシャカリキになっていた時期なので、かなり力が入った演奏でした。
何よりも感動したのは第6番「田園」と第9番「合唱」であり、この2曲だけは以前記載した映像版でもゴールウェイが不在の頃の収録なので、彼が吹いたこの2曲の音源として残っているのは当時はこの2枚だけであり、ゲットできたことに至福を感じてしまいました。(「田園」の2楽章でちょっとゴールウェイが目立つミスをしていますが、これはご愛敬です!)当然実況なので観客の拍手もしっかり入っており、臨場感抜群です。
残念ながら第1番、2番、8番の録音は入っておりませんでしたが、それでも十分でした。
最近「TESTAMENT」というシリーズでこういった復刻版も徐々に出てきておりますが、今必死になってベルリンフィルの1969~75年録音版を捜索中です。(いくつかゴールウェイ演奏も発見しました!)

アマオケ奮戦記-本番直前のトラブル! [クラシック音楽(オーケストラ)]

久しぶりにアマオケ時代のエピソードを。

演奏会当日は夜の演奏会が多かったのですが、たまに午後の「マチネ」と呼ばれる時間帯に本番をやる場合がありました。
この時に苦労したのがリハーサル終了後の昼食です。
アマオケの昼の演奏会というのはたいてい土日や祝日ですが、そういう日はホール来場客だけでなく近隣施設にも人々が繰り出しており、飲食店はどこも盛況です。
だいたい家族連れが多いのでサラリーマンと違い食事のスピードものんびりで、席の回転もあまりよくありません。こちらは6~70名が練習終了後ドバっとレストランに繰り出すので、どこの店に行っても長蛇の列になってしまいます。
やっと席が確保できたと思ったら、本番前30分を切るかどうかの瀬戸際!もうメニューで選ぶなんて事はやっているゆとりは無く「カレー」「天丼」といったワンプレートものを頼むのですが、その天丼も一気にラッシュ状態になるので出てくるまで厨房の中でも待ち行列!結局間に合わずに食べそびれてステージに乗ったメンバーも発生し、以降弁当の仕出しを頼むことにしました。(ただ、これも直前までエキストラの人数が確定せず、当日になって足りなくなり、結局混んでいるレストランにやはり行かざるを得なくなるメンバーも続出!)
本番演奏前にこういったストレスがあると演奏の仕上がりにも微妙に影響してくるかもしれませんね!

AC9571.jpg

終端があいまいな大洗鹿島線(鹿島臨海鉄道) [ローカル線]

茨城県県庁所在地の水戸駅のホームの端っこに、この鹿島臨海鉄道の起点はありました。JRの特急や鈍行列車が横を行き交う中、ディーゼルの音をぶんぶんうならせながら2両編成の列車が入ってきます。
大洗鹿島大洗駅02-1.jpg
折り返し列車かと思いきや、乗客を降ろした後さっさと上野方面に回送され、替わりに鹿島神宮行きの列車がやってきました。
ほどなくこの列車の観光地の一つである大洗駅につきました。
大洗鹿島大洗駅01-2.jpg
ここは海水浴客も訪れる町ですが、さすがに訪れた時期が2月だったのでその類の乗客は皆無でした。
その後鉾田というこの線では比較的大きな町を通り、「臨海鉄道」とは言うものの太平洋より北浦という湖の方に沿って南下していき、最終的に鹿島神宮駅にたどり着きました。
大洗鹿島大洗駅03-1.jpg
途中の景観はローカル色満載ではありますが、何となくこのローカル線は前述の小湊鉄道やひたちなか海浜鉄道のような扱いを受けない地味な存在になっているようです。
実はこの鉄道の終端にあたるのが「鹿島サッカースタジアム駅」なのですが、この駅はサッカーの試合が無いと通過してしまい、そこからJRの鹿島線に入り込みJRの「鹿島神宮駅」が列車の終点となっている実に変わった鉄道なのです。大都会水戸を出て海水浴場の大洗を過ぎてやっとローカル色が出てくるのですが、鹿島近くになると工場地帯になり線路も輻輳してきます。そしてイベント会場駅を通り過ぎると写真の通り鹿島神宮駅の近代的なホームに入り込んで行くわけですが、鉄道ファンも何か最初と最後がローカルになり切っていないので折角の途中の景色も記憶が曖昧になってしまっているのではないでしょうか。
鹿島神宮駅でもこの鹿島臨海鉄道の列車はJRから「おまえはここまでしかこれないんだぞ」というよそ者扱いを受け小さくなっているような風貌に見えてしまいます。折り返しの水戸行きの列車がホームから出ていく姿は、いかにも「さっさと家に帰ろう」というようにも見えました!
タグ:終端駅