So-net無料ブログ作成
検索選択

一度行っても分からない西武線の支線たち [鉄道一般]

まずこの西武線の路線図をご覧下さい。特に青の丸で囲んだ部分です。(西武鉄道HPより)
seibu.jpg
この入り組み方は尋常ではありません。目的の駅に行くためにはどの電車に乗ってどこで乗り換えるのか、非常に複雑です。
しかも「西武遊園地」「西武球場前」「西武園」という似たような名前の終端駅があり、それぞれが独立した線路になっているのでこの部分の完乗は非常に苦労しました。距離的にはそんなに離れていないのですが、「西武球場前」と「西武遊園地」間を「レオライナー」なるものが辛うじてつなげており完乗のためのヘルプになったものの、結局「今どこにいる?」「ここに行くためには一回東村山に出なくてはならない」とか実際に現地に行っても迷ったり悩んだり、、、。
どうも昔それぞれが個別の私鉄業を営んでいたものを西武鉄道が合併、吸収をしていったためにこのような複雑怪奇な路線図になってしまっています。
まず西武園駅まで東村山から一駅乗って折り返します。
西武園駅01.jpg
西武園駅02.jpg
そして所沢で「西武球場前」行きに乗り換え、終点から「レオライナー」に乗り「西武遊園地」までたどり着きます。
西武遊園地駅01.jpg
そして西武遊園地から国分寺まで出て、今度は別の西武線に載って最初の東村山に戻るといった行程です。
西武国分寺線01.jpg

正直、この電車に乗っていながらも、「これで乗り潰しで出来たんだっけ?」と自問自答しながら必死に路線図を確認しながら車窓を眺めます。
これらの複数の路線は交差していたりするところは駅(荻山、小川等)で乗り換え可能なのですが、一か所だけ国分寺線多摩湖線が立体交差になっている所は駅も無く、「同じ鉄道会社なのに、、、」と思ってしまいます。
いまだにこの路線図が理解しきれていません。地元の人たちは何も気にせず淡々と電車に乗ってらっしゃるとは思いますが、よそ者には極めてハードルの高い路線でした。
(もう一度同じルートで行ってみろ!と言われても完遂出来る自信がありません、、、。)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行