So-net無料ブログ作成
検索選択

オケでのゴールウェイ讃-作曲家別名演:チャイコフスキー [クラシック音楽(オーケストラ)]

カラヤンは殊の外チャイコフスキーがお好きなようで、しょっちゅう録音をしていたようです。特に交響曲の第4~6番は何回も録音しており、1971年頃EMIで録音した演奏にゴールウェイが参加していました。
ゴールウェイがソロを吹いているのは第4番と第5番であり、特に第4番は結構フルートの目立つところが多いのでゴールウェイの面目躍如ぶりがよく発揮されています。
チャイコ4カラヤン.jpg
一般的にもこのカラヤンの交響曲第4番の演奏は他のカラヤンの演奏だけでなく世の中に出ている同曲の数多くの演奏でもかなり高評価を得ているようで、これだけの熱気を持った演奏は他にない、との評判です。この録音については「録音に多少の歪み的な部分もある」とわざわざCDにも注意書きが書いてあるのですが、それでもチョイスされるほどの名盤との事です。
各楽章それぞれフルートの目立つ部分が随所にあるので結構聴き甲斐があります。(私もアマオケでこの曲のトップを一度演奏しましたが、難しいもののやりがいのある曲でした!)

他にはグラモフォンに録音された「白鳥の湖」はゴールウェイの演奏で、さらにはオムニバスCDの中に入っている歌劇「エフゲニー・オネーギン」の「ポロネーズ」と「ワルツ」もゴールウェイの音が時折聞こえます。

ところで、このエフゲニー・オネーギンのポロネーズという曲の最初の部分をを聴いてみると、「あれ?どこかで聞いたことがあるぞ」と思う方もいらっしゃると思います。
そうなんです、「すぎやまこういち」さんの作った「ドラゴンクエスト」の起動時の音楽とそっくりの音型なのです。ちょっと聞いてみてください。

名演奏の発見-内田光子のモーツァルト協奏曲 [クラシック音楽(オーケストラ)]

以前はこの「内田光子」というピアニストをそれほど意識していませんでした。
日本だけでなく世界で活躍している日本人アーティストとしては理解していましたが、特に好き嫌いもなく放っておいたような存在でした。
ところが、ある時「Mozart on Tour」というブルーレイ映像を買って漠然と流していたら、この内田光子の演奏する「モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」」を聴いて思わず目を見開いてしまいました。特に第3楽章の冒頭です。その歯切れの良さ、軽快さ、爽快感。バックはジェフリー・テイトの指揮によるザルツブルグ・モーツァルテウム合奏団によるものですが、あまりの内田の快走についていくのに必死な演奏でした。これを聴いてそれまでも多少気に入っていたこの曲がモーツァルトのコンチェルトとして最高の番付になってしまい、さらには「内田光子」というピアニストを再認識してしまいました。
では、という事で彼女の2回録音されたCDを購入したのですが、演奏そのものは良かったもののこの映像での演奏に勝るものではありませんでした。(ジェフリー・テイト/ヨーロッパ室内管弦楽団版と内田光子ピアノ・指揮兼務のクリーブランド管弦楽団版)どちらもややおとなしめの優等生的演奏なので、この人は恐らく「本番での演奏」に真価を見いだせる人なのかなという気がしました。
内田光子モーツァルト2.jpg
この「モーツァルト・オン・ツアー」という映像は以前NHKのEテレでも一部放送され、なかなか良い番組と思っていたのですが、まさかこんな名演が収められていたとは思ってもいませんでした。
この番組はアンドレ・プレヴィンが監修しており、自身も指揮、ピアノの演奏もしてたり、また当時の若手有名ピアニストを惜しげもなく使っていたので、これは「ぜひモノ」です。
ただ大問題が一つ。ブルーレイディスクでは「日本語字幕が無い」のです。(DVD版ではあったらしいのですが。)演奏そのものは字幕不要ですが、そもそもモーツァルトの生涯で各地に旅をした事をテーマとしてそれぞれの場所での解説つきの映像なので、いくら「英語勉強になる」と言っても限界が、、、。

引き出しの奥底にあったポジフィルムの復元! [ローカル線]

引き出しを整理していたら奥底に小箱を見つけ、開けてみるとポジフィルムが入っていました。
今やデジカメが写真撮影の主流となってしまいましたが、数十年前はフィルム時代で、しかも「ネガフィルム」と「ポジフィルム」という2つに分かれていました。当時は圧倒的に「ネガフィルム」による「焼き増し」というのが一般的でしたが、投射機で映写する「スライド」と呼ばれるフィルムもなかなか根強い人気がありました。ただ現在に至っては、焼き増しの写真はスキャナで読み取れますが「ポジフィルム」からのデジタル化はかなり難儀であり、結局業者に任せることにしました。
そこに映っていたのは前回もご紹介した「九州SLの旅」の追加撮影でした。そういえば本格的な一眼レフの他に初心者用のハンディカメラも持っていったことを思い出しました。
いくつかご紹介しますが、やはり50年近く前のフィルムなのでかなり質感が悪く、きれいなカラーで出ていませんでした。これは肥薩線のD51です。
肥薩線D51.jpg
やはりSLではカラーの威力がうまく表現できないようですね。そういった意味ではカラフルな特急列車はカラー撮影でそれなりの効果が出ていました。
これはブルートレイン「彗星」号の後ろ姿です。
ブルートレイン彗星01.jpg
さらに「にちりん」というディーゼル特急で、いわゆる「国鉄特急色」を使っています。
日豊線にちりん.jpg
実は、この旅行に出発する時に品川駅近辺でかなり昔の「湘南電車」が止まっていたので電車の中から撮影したのですが、この写真が一番カラーとして真っ当な映像でした、、、。
湘南電車01.jpg
当時はカラーフィルムの現像、焼き付けも白黒に比べて非常に高価で、親に何枚も焼き増しを頼むのもはばかったので「ポジフィルム」で投射するだけの画像にした覚えがあります。
今回の業者依頼の手間等を考えると、トータルコストとしてどちらがお得だったかは微妙です、、、、。

オケでのゴールウェイ讃-作曲家別名演:フランス系作曲家の作品 [クラシック音楽(オーケストラ)]

以前ベルリンフィルでのゴールウェイお勧め演奏の中で「ビゼー作曲アルルの女組曲」をご紹介したと思います。そういった意味では他にもフランス音楽の名演があると思いきや、意外と少ないのです。
カラヤンビゼー.jpg
ビゼーと同じ世代で言うとグノーの「ファウスト バレエ音楽」があり、これはそこそこゴールウェイの音は感じられますが、やはり同じ世代のオッフェンバックの「パリの賑わい」では曲全体がお祭り騒ぎになっているのでフルートの煌びやかなソロがあまりないのです。
そんな中で結構目立つのがベルリオーズの「幻想交響曲」です。
カラヤンベルリオーズ幻想.jpg
後半4楽章、5楽章はやはりどんちゃん騒ぎが多いのですが前半の3つの楽章、特に第3楽章はゴールウェイの音がしっかり浮き出ています。(蛇足ですが、この録音は第1楽章でティンパニが思いっきり間違えているにもかかわらずテイクされた面白い録音です。)これらの曲は複数録音されているのでぜひゴールウェイ在籍時の録音年代を確認された方が良いです。
ちょっと意表をつくのはフランクという人が作曲した「交響的変奏曲」もチラホラゴールウェイトーンが聴けます。このフランクは本来はベルギー人ですが、カテゴリー的にはフランス音楽に含んでいる場合が多いようです。
カラヤンフランク交響変奏.jpg
実はカラヤンのレパートリーでもしっかりある「ドビュッシー」「ラヴェル」の録音が全く残されていないのです。これもドヴォルザークの8番交響曲と同じでたまたまゴールウェイが在籍していた時に録音の機会がなかっただけで、その前後にはそれぞれ録音が残っているので大変残念です。
当時のベルリンフィル・クラリネットソロ奏者のライスターが自分の著書で「ある時ドビュッシーの『牧神の午後』をゴールウェイがソロを吹いた時に鳥肌が立つぐらい素晴らしい演奏だった。」と書いていたのを覚えており、本番演奏では間違いなくこの「牧神」はやられていたと思われます。1970年のベルリンフィル来日の時にラヴェルの「ダフニスとクロエ」第2組曲をやっているので、これも多分間違いなくゴールウェイでしょう。(その時私は別の日のドヴォルザーク8番を聴いたのですが、欲を言えばこっちも聴きたかった!!)
ドイツ、ロシア系音楽とは違った流麗なフランス系の曲はゴールウェイに合っているかもしれません。

隠れた名曲紹介-ラフマニノフの「もの哀しく」「酔いしれた」交響曲 [クラシック音楽(オーケストラ)]

「隠れた名曲」シリーズですが、これからは「大交響曲」とは言え一つの楽章が素晴らしいものについても紹介していこうと思います。何も全曲通して聞かなくても十分魅力を味わえる曲がいくつもあります。
今回は名旋律の宝庫と呼ばれる「ラフマニノフ」です。
ピアノ協奏曲第2番があまりにも有名ですが、今回は交響曲第2番の第3楽章にスポットを当ててみました。この交響曲は全曲で1時間近くかかる大曲で、第3楽章は一般的に交響曲の楽章のカテゴリーで言うと「緩徐楽章」と呼ばれる静かで落ち着いた部分となります。
譜面ラフマニノフ交2-表.jpg
第3楽章の冒頭は弦楽器の艶やかなメロディで始まります。このテーマが第3楽章全体を通して根底に流れています。そしてひとたび落ち着くとクラリネットが新たなメロディを澄み渡った空気の中の一条の光的に流していきます。まさにここは「クラリネット」でなければ、という素晴らしいアンサンブルです。オーボエでもフルートでも、ヴァイオリンソロでも何となく雰囲気が合いません。このメロディは正直言って「とても覚えやすい」とは言えませんが、ラフマニノフらしい切々とした「もの哀しい」訴えが響いてきます。
譜面ラフマニノフ交2-3.jpg
そしてクラリネットのソロが終わると弦楽器のアンサンブルがそれを引き継いでさらに流れていきます。少しずつ波が強くなったり弱くなったりしながら盛り上がっていき、最後はまた静かな境地で落ち着いて終わります。この楽章だけで約15分かかりますが、それほどの長大さは感じさせません。
この曲の冒頭部分は確かコーヒーか何かのCMのバックで流れていましたが、やはり「落ち着くための商品」のCMには持ってこいの曲ですね。この曲も以前に比べると少しずつ人気が出てきたのでCDでも様々な演奏が出てきています。有名なのはプレヴィンの指揮による演奏でしょうか。

実はアマチュアオケ時代にもこの曲を演奏するチャンスに恵まれました。
演奏している自分たちもこの第3楽章はその雰囲気に「酔いしれて」しまっていました。
ところが、プロのオケ奏者でもある常任指揮者から「この交響曲は変な曲で、自分たちが「いいな」と思って演奏した時は聴衆からの反応はあまり良くなく、逆に「こんな演奏で感動されてしまったのか?」というようなパターンが往々にしてある曲だよ」と言われ、ふ~ん?と感心してしまいました。
えっ、という事は、自分たちが「酔いしれていた」、、、答えは明確ですね、、、。



五色不動尊:目黒(不動前)-NHKバラエティ番組で知識向上! [旅行記]

お待たせしました!五色不動尊の中でも最も華やかな「目黒不動尊」です。
NHKの「ブラタモリ」の番組でこの「目黒」を取り上げられたとき、「目黒不動尊は江戸のリゾート地」というお題目でした。この不動尊には様々なご利益の仏閣等があるだけでなく、訪れる参拝客目当てに様々な商店が参道に軒を連ねていたようです。また最近の同じくNHKの「日本人のおなまえ!」でもこの目黒の黒は田んぼの畔を「くろ」と読んだ事から来ているとのお話もありました。どこまで真実かは別として、何となく面白く拝見しておりました。
さて、早速目黒不動尊に行きますが、駅で言うとやはり東急の「不動前」になります。
前回の「目青」の三軒茶屋から移動するには意外と面倒で、直線距離はそれほど遠くないのですが電車だと最低2回は乗り換えなくてはなりません。
小さな駅前商店街を抜けだらだらとした傾斜の少ない坂道を登っていくと「やつ目の西村」という鰻屋がもうもうと煙を出しながら通りがかりの人にも焼いている姿を見せています。この鰻屋はよくウナギの稚魚が減少した時の鰻屋側の立場としてのインタビューをテレビ局から受けている店です。
その鰻屋の角を曲がると大きな仁王門。ここのお寺は「瀧泉寺」という天台宗のお寺です。
目黒不動00.jpg
その先には「男坂」と言われている階段があり、常緑樹に覆われた先に本堂が見えます。
目黒不動005.jpg
坂を上がるとどーんと本堂がお出迎え。五色不動尊の中で最も大きな存在感です。
目黒不動01.jpg
大晦日の夜は初詣客でごった返しています。これはまさに12月31日11:59分頃の写真です。
目黒不動05.jpg
春は桜がキレイに咲き誇ります。
目黒不動03.jpg
もしこの時期に目黒不動にお越しならば、帰り道はぜひ「かむろ坂」からお帰り下さい。桜のアーチが見事で、近隣の「目黒川の桜」に勝るとも劣らない風景です。
目黒不動かむろ坂01.jpg
先ほどの鰻屋を曲がらずに仁王門を背にしたまままっすぐ坂を上り、最初の信号がそのかむろ坂との交差点です。
今回は地元という事もあって写真大サービスでした!!



隠れた名曲紹介-ガーシュウィンのララバイで恍惚なひと時 [クラシック音楽(オーケストラ)]

隠れた名曲シリーズも様々な地域の作曲家の作品を取り上げてきましたが、今回は「アメリカ」。クラシック音楽における「アメリカ」は新興国的な存在であり、やはり「ガーシュウィン」に始まるようです。「ラプソディ・イン・ブルー」も「パリのアメリカ人」も代表作としてはかなり知名度が高くなっておりますが、その他の作品は今一つ知られざる扱いになっているかもしれません。そんな中で今回は「ララバイ」を選びました。訳すと「子守歌」ですが、日本でも「ララバイ」と呼ぶ方が多いと聞いています。
そもそもは弦楽四重奏のために作曲されたとの事ですが、「ガーシュウィンの弦楽四重奏曲」って聞いたことが無いような気がします。作曲されてからかなり埋もれた扱いをされており、ジュリアード弦楽四重奏団が1960年代にこの作品を見つけて演奏してからにわかに脚光を浴びてきたと言われています。
「子守歌」なので大騒ぎするような曲ではなく、弦楽器の甘いメロディが切々と訴えてきますが、なんとなく伴奏的なリズムが「アメリカ」っぽいノリがあります。
やはり弦楽合奏で聴くと非常に厚みがあり、これも夜中の「一杯」に最適な曲かもしれません。
ガーシュウィンCD.jpg
7分程度の曲なので、大抵先ほどの有名な2曲のカップリングで付いてくるCDが多いですが、YouTubeでその「ジュリアード弦楽四重奏団」による演奏の音が聴くことが出来ますので、ぜひ双方を聴き比べてみてください。弦楽四重奏もなかなか乙なものとして楽しめます。

五色不動尊:目黄(三ノ輪、平井)、目青(三軒茶屋) [旅行記]

前回は紅白を紹介しました。今回は黄色と青です。
青は東急世田谷線で若干紹介しましたので、まず黄色から。
といっても黄色はなぜか2カ所あります。何故2カ所なのかは諸説あるようですが、それは割愛します。
前回目赤の駒込からの移動を考えると、まず「三ノ輪」の目黄から行くのが良いでしょう。
本駒込駅から南北線で王子まで出て、そこからのんびり都電で終点の三ノ輪橋まで行きます。
三ノ輪橋からはそれほど歩かずに目的の永久寺に着きます。大通りに面しているのですが、外から見ると「寺社」のイメージではなくちょっとしたビルに見えてしまうので、うっかりすると通り過ぎてしまいます。
目黄不動01.jpg
最初伺った時はこの写真のようにしっかりと表トビラが閉ざされていたので、予め連絡しないと中に入れないのか、と思い、その時はさっさと移動してしまいました。
先日紹介した「思いついて都電完乗」の時に終点三ノ輪橋に着いた後に再度訪れてみると、今度はちゃんと扉が開いていて、本来の目黄不動様がしっかり確認できました。
目黄不動02.jpg
目白ともそれほど変りないくらいのささやかなお不動様でしたが、永久寺全体のバランスで見るとそこそこの存在感がありました。

さて、もう一つの目黄不動に移動ですが、ここからだと地下鉄日比谷線で秋葉原駅まで行き、そこから総武線各駅停車で平井まで行くことになります。
目的の最勝寺は平井駅から結構距離があるので、歩くのは多少覚悟が必要です。荒川に沿って住宅街や町工場等昔ながらの街並みを南下して行くと、比較的大きな寺社に辿り着きます。
目黄不動11.jpg
入ると結構構えの大きな寺社であり、江戸五色不動尊の中では目黒に次ぐぐらい威厳のあるような寺社でした。
目黄不動12.jpg
お参りをして門を出ると、その門に飾られた像の目が黄(又は金)であり、「なるほど」とその時は思ってしまいました。ただ一説によると「目」というのは「碁盤の目」という意味の目であるとも言われているので、この像の「目」は「後付け」かもしれません。
目黄不動13.jpg
そしてそこから目青不動尊に移動、距離的には最長かもしれませんが、ルートは比較的簡単です。
平井駅から錦糸町に出て、そこから地下鉄半蔵門線で東急田園都市線に乗り入れ一気に三軒茶屋まで行けてしまいます。
入り口は前回ご紹介したので、今回の写真は不動様のお堂をご紹介します。
目青不動02.jpg
ここは「最勝寺数学院」という平井の目黄不動と同名のお寺になりますが、この不動尊が一番移動が多かったようです。そもそもは江戸城内にあったものが麹町に、さらに赤坂青山と転々としやっと今の三軒茶屋に落ち着いたようです。目黒不動尊にもあった比較的大き目な赤い提灯がしっかりと備わっていました。
目青不動03.jpg

これで残すは最も有名な目黒のみとなります。やはり私にとって地元なので別途ゆっくり紹介いたします。

五色不動尊:目赤(本駒込)、目白(学習院下) [旅行記]

先日の目青不動尊のお話をしたので、早速その他の五色不動尊を紹介していきたいと思います。
この五色不動というのは「江戸城鎮護のために不動明王像を造立し、王城鎮護の四神にならい江戸城の四方に配置したのが目黒目白・日赤・目青の四不動」と言われており、徳川家光公が「目黄」も入れて「五眼不動」としてまとめたらしいです。ただ様々な理由(廃寺、戦災等)で当初の位置から変った寺社もあり、必ずしも現在の位置的に江戸城を取り囲んでいるというような実態にはなっていないようです。

早速、今回はめでたく「紅白」!

まず目赤不動尊。
駅で言うと地下鉄南北線の本駒込が至近です。
大通りに面した南谷寺というお寺にその目赤不動尊はまつられています。
目赤不動01.jpg
標識も赤字で書かれています。こじんまりとしてはいますが、大通りを入ってすぐなのに気分的にも閑静な雰囲気になれます。
目赤不動02.jpg
どうもそもそもは伊賀の赤目山にちなんだ寺社だったのが徳川家光公に「目黒」「目白」にならって「目赤」にせよ、との沙汰で目赤不動尊となったと言われています。

さて、次は目白に行きます。駅は確かに目白から行く事が出来ますが、一番の至近の駅は以前ご紹介した「都電荒川線」の「学習院下駅」になります。
住宅街の中にある「金乗院」というお寺の中にまつられていますが、多少入り組んでいるので探すのに多少時間がかかるかもしれません。しかもお寺の中でも意表をつく階上の祠になっており、参道案内も階段口になっています。
目白不動01.jpg
「参道」と書かれていますが階段を上がったらいきなりお不動様の登場です。(階段が参道!!)
目白不動02.jpg
後にも先にも五色不動尊の中でこの不動尊が一番ささやかな造りで、「目黒」に対する「目白」にしては意表をつかれてしまうかもしれません。
この「目白不動尊」も最初の位置から若干動いたとされているようですが、「目赤」「目白」は江戸の北、北西側に鎮座する位置付けになっているようです。

もし1日で五色不動を回ろうという計画であれば、この「目白」をスタートにして「目赤」に行くというルートがお勧めと思います。多少大回りですが都電荒川線、JR山手線と地下鉄南北線をうまく乗り継いで行けます。(荒川線ののんびりムードがお勧め!)

アマオケ奮戦記-文章力、センスを求められるプログラム作成! [クラシック音楽(オーケストラ)]

音楽会に行くと普通は必ず配られるのがプログラムです。(高名な演奏家だと有料ですが、、、)
アマチュアオーケストラでも必要最低限の物は用意しなくてはならず、A3、B4を二つ折りにした程度のものに「演奏曲目」「メンバー表」「ご挨拶」「曲目紹介」等や、費用削減の一環で広告の掲載等も場合によってやられます。50回記念等アニバーサリー的な時はパート紹介等でページ数を稼ぐ必要があります。
演奏曲目やメンバー表はそのまま淡々と書けばよく、またご挨拶も幹部がそれらしい事を述べるので特に問題は無いのですが、厄介なのは「曲目紹介」です。
来場客は「クラシックファン」から「出演者親類縁者」、「近隣の住民」という事で多岐にわたるため詳しすぎても良くなく、あまりにも当たり前すぎることを書いても個性がなくなり、それなりの文章力も求められるためいつも記載を要請されると団員は逃げ回っていました。
やはり演奏する曲についてそれなりの知識も勉強しなくてはならない一方で自分の団で演奏するにあたってのPR等、与えられた文字数でどこまで記載出来るのか等、考えれば考えるほど悩みこんでしまいます。
上野の森プログラム.jpg
私も数回頼まれ、逃げ切れずに対応しましたが、普段の練習よりも数倍悩み疲れました。
その一つがメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」という組曲で、有名な「結婚行進曲」が含まれているので初めてクラシックを聴かれる方でも「あ、この曲か!」と思っていただける曲です。
字数が限られているので組曲のそれぞれの曲の紹介をするとあっという間に文字数オーバーになってしまうので、ここは思い切って「プレーヤーとしての苦労」を前面に出した文章にしました。
この曲は聴き心地の良いメロディハーモニーで有名ですが、実はやたらと速いパッセージの繰り返しや大きな肺活量が必要なフレーズ等、演奏する方は悪戦苦闘する曲なのです。そういった事を分かりやすく書き、演奏会が2月だったので最後に「真冬の夜の悪夢!」と書いて締めくくってみましたが、どなたかのアンケートに「本当に悪魔のような曲ですね!」と書かれてあり、「ああ、読んで頂いたんだ」と思うと何か嬉しくなってしまいました。演奏後の達成感とはまた違った充実感を味わえました。
ただその時も「次は何とか逃げたい、、、」と思ったのは本音です。